不動産担保ローンを利用してみて感じたことは

自分の自宅を担保に入れる

不動産担保ローン不動産担保ローン|楽天銀行

不動産担保ローンとはどのようなものか : 自分の自宅を担保に入れる : まずは最初の一歩を踏み出すことが大事 : 不動産担保ローンの査定と高額な事務手続き費用

しばらく自分の自宅を担保に入れることを考えていました。
実は、私の家は住宅ローンが若干残っていますので、たくさんのお金を借りることができる訳ではありません。
ですが、会社で使う資金もそこまで莫大ではないため多少ローンが残っていたとしても問題ないわけです。
実際に銀行の担当者も「おそらく融資をすることができる」と教えてくれました。
ただそれと同時に、住宅ローンを完全に返済した時に比べると融資額はずいぶんと減ってしまう可能性が高いとも教えてくれました。
私の家の住宅ローンを見ると、残りが300万円程度になっています。
もともと、住宅ローン自体それほど高額ではなかったことがよかったのでしょう。
すでに10年ほど経過した住宅になりますので、建物の価値はあまりありませんが、それなりの価値は残っているはずです。
土地に関しても予想が付きませんが、最近人気の住宅地のためそこまで安くなることはないでしょう。
ただ、あまり事前に価値が高いものだと予想していると、査定をして価値が低かった場合にがっかりしてしまう可能性があります。
そのため、査定をしてもらうまではあまり高い期待を持たないようにしました。
それから数週間が経過して、銀行に行き査定をしてもらうようにお願いしました。
すると、査定の金額が出ました。
なんと私の家の価値は1500万円でした。
私が予想していた金額よりも少なかったためややがっかりしましたが、もともとそこまでの金額を期待はしていませんでしたし、何より今回必要としているお金を借りるには十分な金額です。
ちなみに私が必要としていたのは1000万円だけです。
そして、査定金額がわかったためさっそく審査をしてもらうことにしました。